FC2ブログ

幻燈蝶蛾二十一世紀

いざや 此処に集い 紅夏の日々 我らと共に さあ歌え 悲しみさえ 輝けるもの 業界の果て

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
yubiwa

newromance

 「再読不能の名作」との呼び名も高い「指輪物語」を読破したゾ。
 実は映画を見る前に一度読んでるんだが、
 「指輪物語は二度目が面白い」というハマール氏の薦めに従って「ホビットの冒険」から順番に読み進めたのだ。

 一度読んだ上に映画も見てるから、ものすごく読みやすくて、似たよーな名前の登場人物が増えても混乱しない。ストーリーは知っているから、純粋にファンタジー文学のディテールを楽しめる。堪能したよ。
 ただ、映画の映像と自分の想像が食い違ったりするところが気になるが。

 そういえばマイバイブルの「ニューロマンサー」も二回読んで初めて面白さが解った。てゆーか一度読んだだけでは話の筋すら追えなかった(「ニューロマンサー」に興味を持った人は短編集「クローム襲撃」から入ろう)。
 あまり再読はしない主義だが、「野獣死すべし」(大藪の方ね)は何度も読ませる何かがあった。

 つまり、オレ様が再読する本は名作といえるのだ(←単なる読解力不足)。

  Blog Ranking
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eiki21.blog31.fc2.com/tb.php/87-dc0ef684

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。