幻燈蝶蛾二十一世紀

いざや 此処に集い 紅夏の日々 我らと共に さあ歌え 悲しみさえ 輝けるもの 業界の果て

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 GWJ主催のグランドペイントコンテスト2007の優勝者は僑忠的魔域の橋中さんでした。遅ればせながらおめでとうございます。

sd.jpg

 優勝トロフィー。スクラップデーモンってヤツかな?

qd01.jpg

 これが優勝作品。

 相変わらず繊細かつ流麗なグラデーション。鮮やかで精緻な描き込み。地味ながら丁寧な破綻のないコンヴァージョンとベースデコレート。1080°どっからみても一部のスキもありまへん。つーか、彼がいつも通りのクオリティで塗ったら、どれもこれも優勝なんだろうけどね。

 その全てがミニチュア界の名物と呼ばれる橋中作品だが、これだけまとまった数を肉眼で拝めるのはおそらくウチだけでしょうな。とさりげに営業活動w
 qd02.jpg


 ほかにもアイコノクラズムからはギャズさんのアンデッド戦士とヤングブラッド中島君のスキンクが出品。
gaz00.jpg

nj01.jpg


 ギャズさんの作品はオレもよく知らない古いミニチュアなんだけど、むしろ現行のミニチュアで参加した方が良かったかな。技術は確かなんだし。
スポンサーサイト

ギャズ氏のはスケルトンスタンダードベアラーのバナーポールを切り落とした物ですね。
クラッシックレンジに有ったのを購入した記憶があるので、探せば家にもあると思います。

2007.09.21 21:54 URL | 某N #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eiki21.blog31.fc2.com/tb.php/163-c90547eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。