幻燈蝶蛾二十一世紀

いざや 此処に集い 紅夏の日々 我らと共に さあ歌え 悲しみさえ 輝けるもの 業界の果て

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 本日はアーバンウォーをプレイ。スターターチームで軽く1戦。
 我がグラディエイターVSワカツ氏シンサだ。情景モデルはいつもの如く40kの「帝国の都市」なんだけどね。相性がいいんだなコレが。ただし、全てラインテライン・リアル目線で、壁を乗り越えるときは全ての移動コストを使うって扱いにしたほうがいいね。

 uw070623_01.jpg
 敵が見えた瞬間<待機>していた前衛重戦機兵の多砲身機関銃が火を噴く!


 そーするとこういうシチュエイションを再現できるのだ。

 uw070623_02.jpg早速「ショック」を受け、さらなる波動小銃の射撃で焼き殺された…


uw070623_06.jpg壁一枚越しに対峙する投網闘士と前衛重戦機兵。


uw070623_11.jpg
接近戦でブチ殺すべく「突撃」するも、脇に<待機>していた戦機兵の「機会射撃」で射殺された。


uw070623_12.jpg
左翼から回り込んだ魚兜闘士が満を持して汚物を消毒!


 魚兜闘士の火焔放射器は「キャスティゲイター火焔放射器」という特別な武器。何が特別かというと、敵から射撃を受けると、自分と周囲を味方ごと消毒しちゃうってところ。ん~む、ありがちw

 こちらの主兵装は短距離で強い追撃闘士の戦闘用散弾銃なので、頑張って接近するんだけど、敵の戦機兵の自力の強さに負けてバタバタと味方が倒れていく。短距離の撃ち合いになったら、覚悟を決めて<集中>した方がいいかも。

 5ターン目ぐらいで女傑闘士の決死の追加行動突撃が失敗して完全に決着。アーバンウォー3連敗だよ…。グラディエイター弱いんかな~? 次こそは勝つ!
スポンサーサイト

グラディエイター難しいですよね。
以前自分が遊んだ時も、キャリバー0の闘士では上手くショットガン攻撃ができず、敵兵の安定した射撃に倒されてしまいました。
できるだけキャリバーの高い兵士で早めに中~近距離戦に入りたいものですが、するってえとキャリバー0兵はどこに配置すればいいですかね…モーターかなあ…

2007.06.23 20:46 URL | まるま #aOy8x4ww [ 編集 ]

散弾銃メインで戦わなあかん割に、シューティング3ですからね…
ジャンカーと混ぜないと辛いかもしれませんな。

2007.06.24 12:40 URL | 業界の果て #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eiki21.blog31.fc2.com/tb.php/154-ec1dfcd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。