幻燈蝶蛾二十一世紀

いざや 此処に集い 紅夏の日々 我らと共に さあ歌え 悲しみさえ 輝けるもの 業界の果て

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
BGM:天使のリボルバー/BUCK-TICK

 最新アルバムはポップで軽めでかわいい系の曲が多いですな。なんか昭和の歌謡曲風ロケンロールって感じ。皆殺しの天使~♪ スペマリ塗るときのBGMに最適!(←日本中でオレだけやろうな…)

 アポカリプスの商品ページを作り、ゲームスペースも遂に可変型ゲーム卓を用意したし、後はダークエンジェルを完成させるだけ。ま・それが一番大変なんやけどね。

 コデックス:ケイオスマリーンもしかとプリントアウト。単体100pオーヴァーは40kでは初めてじゃないかな?

 1ページ目の「寵児」の説明でまずヤラレる。可愛がられてる子て! 
 ウルフオヴフェンリス事件でマリーンの節操のなさに呆れ返り、そしてマークVIIIアーマー(グレイナイトのアーマー)をもってる仲間が羨望のまなざしを受けるって説明でまたノケゾる。
 ずーっとおどろおどろしいフレーバーテキストが続いたあと、64p目から急にフレンドリーな文章に変わる落差。色々楽しませてくれるコデックスじゃわい。ルール面ではカスタマイズの余地が無くなって残念やけど、素ケイオスマリーンの優遇のされ方が反則。マリーンが哀れでならんわ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。