幻燈蝶蛾二十一世紀

いざや 此処に集い 紅夏の日々 我らと共に さあ歌え 悲しみさえ 輝けるもの 業界の果て

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
BGM:Led Zeppelin/Remaser I,II
um003.jpg


 天使隊は第2版になって武装が拳銃からカービン銃に変わったので、モデルもそれに合わせてコンヴァージョンすることにした。
 まずは新しい鎮圧隊軍曹を主体に、天使隊からもぎ取った重力制御ウィングをくっつけた。さらに拳銃を切り飛ばし、スペマリのボルトガンを接着して完成。我ながらなかなかのデキだ。

 右は今まで見てきたSFミニチュアの中で最大級の駄作「KV72式戦闘装甲兵」。それでも組み上げて塗ってみると一応それなりに見える。 ふしぎ!

スポンサーサイト
BGM:Guerrilla Disco/Quarashi

um002.jpg


 VASAのスターターチームを塗り始めたYO!
 なるべく手間を掛けずに塗ることと、イメージ通り仕上げることの飽くなきせめぎ合いの結果がこれ。15分/1体ぐらいかかった。まあまあ成功したかな?

 おねィちゃんズはもうちょっと時間かけて塗る予定。
 ファンタジー系情景モデルの充実を図るべく、店用に「ウォーハンマー世界の建物」を1箱開けたぞ。

bldg.jpg


 予想以上にスッゲエ量のプラパーツ入ってた。ランナーから切り離すだけで1時間以上かかったゼ…。
 切り離したパーツを箱の中にしまった時、このジャラジャラ感は何かを思い出させると思ったら、レゴや。昔バケツいっぱいに入れてたな~。石油ストーブの前に置いてたら全部歪んじゃったけど。

 基本的な建物の部品、壁とか屋根とかがあるのは当たり前として、飾り系のパーツが結構おいしい。ウォーアルターとか余裕で組めるね。英語版ルールブックに載ってた巨大祭壇戦車?も造れそう。

 まあくれぐれも石油ストーブの前には置かないこってすわ。
 
BGM:IMMORTAL/ANTHEM

umg0619.jpg


 今塗ってるミニチュア。アーバンウォーのファクションの一つ、「グラディエイター」のスターターチームに入っている魚兜闘士(真ん中のヤツ)と追撃闘士たち。まだ途中だけど…。
 見ての通り古代ローマ風SFな奴らで、オリエント/ヘレニズムマニアの琴線にトム・モレロ的変態奏法で響きまくり。スコープのレンズをここぞとばかりに宝石塗りしたぞ。

 久しぶりのペイントはしんどいなー。
 かといってメイジナイトやAT43みたいな完成モデルでのミニチュアゲームには全く食指が動かんのよな。
 って言ったら、「それはペイントする事が好きやからや」と某N氏。
 自分ではペイントはそれほど好きな行為じゃない(むしろ苦痛の方が大きい)と思っていたけど、ホントは愛していたんだね…。
 ファンデーションカラー使ってみた。
 いままでのシタデルカラーに比べてかなり濃いって聞いてたから塗りにくそうなイメージがあったけど、実際はまるで違った。超なめらか。伸びが半端ない。しかも隠蔽力は前評判通り。いままでは筆塗りでフラットに塗ろうと思ったら、縦横斜めに筆を走らせていたけど、そんなんまるで必要なし。1タッチ・1ストロークでめっちゃフラットに塗れる。手間が省けるわ~。ミリタリーモデルとかにもいいやろな。それっポイ色多いし。

 それでダークエンジェル塗り進めてみた。まあ、ファンデーションカラーの「アストロノミカングレイ」の威力を見てみ。
test01.jpg

 カウル左の羽根飾りがゴーストリィグレイ。右と下がアストロノミカングレイ。両方黒の上に直塗りしただけでも、こんだけ差が出る。

 これは売れる! 追加で発注や! と思ったらもうリテイラー在庫ゼロだってよ。くっそ~、ウチの在庫は予約注文だけでなくなっちゃったし、最初から50セットぐらい仕入れときゃよかったゼ…。

 あと、これに合わせてGWJに新しいPDFもアップされてる。久しぶりにモミー節全開の文章を堪能したよw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。